バイト面接のアドバイス アルバイト面接 面接は第一印象で決まる!頭の先から爪の先まで

面接は第一印象で決まる!頭の先から爪の先まで

アルバイトと聞くと、正社員とは違い責任が軽い。
簡単な業務で自分の時間が確保しやすいなど挙げればあげるほど、メリットは多く感じるかも知れません。

アルバイト
ですが、アルバイトと言えども社会の輪の中に入って行く以上は身だしなみや言葉使いなどのマナーは必須条件となります。

高校生であれば、学生服。
大学生であればスーツとまでは行かなくとも、好印象を与える服装がのぞましいでしょう。

しかしながら、社会人はどうすればいいのかと悩むことも多くなります。
書いてる私も学校を卒業後、社会人になったわけですが右も左も分からないまま試行錯誤しながら面接を受けに行きました。

一つ、分かったのは服装はアルバイト先の雰囲気に合わせて来て行くのが一番だと言うこと。

例えば、事務のアルバイト先なのに作業着で受けに行くと当然、面接担当者も『この人、うちの仕事分かってるのかな?』と疑問を持たれます。

上の事例は極端でしたが、アルバイト先に似つかわしくない服装はNGと言うことです。
ですが、アルバイトであってもスーツはOKです。
(アルバイト面接であってもスーツ着用を指定してくる企業も中にはあります。)
また、服装が従事するであろう仕事に適合していたとしても次は、髪の毛や男性であればヒゲなどもチェック対象となるのでケバケバしいのは不採用になりやすいです。
例えば、いくら服装が自由・髪の毛カラーOK・ネイルOKと記載があっても限度がありますので自分基準で判断せず周りの人に見てもらうのをオススメします。
(面接時に担当者に確認して、許可を得るのもあり。)

そして、やはり面接の最後の山場は言葉使いです。
緊張して上手く喋れなかった。などは面接担当者も理解はするので問題はありません。

ただ、テンプレートのような文言やありきたりな(本に書かれているような)話しでは面接官も『またか』と思います。

ここで大事なのは、履歴書に書いた志望動機をさらに深く話すことです。
どうしてここで働きたいのか?
どこに魅力を感じたのか?なとなど、シンプルな質問ですが面接官が気になるとこほとなっています。
(アルバイトであっても働くことには変わりありませんので、質問は正社員並みのもので聞かれることもあります。)

何となく受けに来た人は、見抜かれてしまいますので
注意が必要になってくると思います。

このような点を守っていれば問題はないと思います。
社会的に当たり前だと思うかも知れませんが、以外と出来ない人が多いのもまた事実です。

これらをクセにしてしまえば、誰よりも抜きん出た面接ができ採用されるのではないでしょうか。