バイト面接のアドバイス アルバイト面接 面接を受ける際に私が気を付けていた事

面接を受ける際に私が気を付けていた事

アルバイトの面接を受けようとする時最近は、ネットからの応募も出来るようなので、そういう場合にはそちらを使う事もあるかもしれないですが、やはり電話の方が相手に伝わりやすいと思うので、出来れば電話をする事をオススメします。

そして、電話をする時やネットで応募する時。

アルバイト
その時からすでに面接は始まっていると考えてきちんとした対応をするようにするのも大切です。

面接を受けようとする職種にもよると思いますが飲食店などの場合はお昼時は混んでいる事が多いので、その時間を避けて電話をするというのも相手方に対する思いやりです。

忙しい時間でも対応はしてくれるかもしれませんが、その時間にわざわざかけなくても少し空いてる時間の空いてる時にかける方が自分の聞きたい事も聞きやすいですので、まず時間はお昼時を避けましょう。

面接のときも電話をする時も共通して気をつける事があるのですが、それは笑顔でハキハキと答えるという事です。

ハキハキと答えるというのはとても大事でそれだけで印象というのは大きく変わります。

希望の時間があるとかなにか希望がある時に申し訳なく思ってゴニョゴニョっと小さい声になってしまう場合もあるかと思いますが、きちんと自分の希望を伝えておいて、それでも雇いたい!と思ってくれれば有り難いし、希望が難しいとなれば、それはそれで仕方ないので、まずは希望がある場合や働き方などを伝えるようにしましょう。

笑顔もとても大事です。
笑顔で不快な思いをする人はいないと思うので、笑顔を心掛けましょう。

ある程度、どのような質問がくるのかを想定しておく事も大切です。

例えば、

  • どうしてここて働きたいと思ったのか
  • 今までどのようなアルバイトをしてきたのか
  • そのアルバイトを止めた理由

など。

質問される事を想定しておいてどのような返答をするのか、頭の中を整理しておくと面接の時に聞かれた時にも答えやすくなると思います。

相手方にとっては、あなたがどのような人か分からないです。

その面接の中である程度想定しないといけないので、そこで出来るだけ自分をアピール出来るようにしておくと事も大切になってきます。

自分はこういう人間だ!という事を頭の中で整理しておきながら自分を見つめ直す機会にもなります。

人によって得意不得意がありますので、自分の得意を生かせるようにしっかりと受け答えしつつ、自分をアピールするように心掛けておくと好印象になると思います。