バイト面接のアドバイス アルバイト面接 アルバイトの面接であっても服装に気を付けること

アルバイトの面接であっても服装に気を付けること

アルバイト面接で心がけたことは服装です。

アルバイト面接

アルバイトだから服装は何でも良いというイメージがあったり、お店で面接をすることになるとスーツのようにかしこまった格好で無くても良いイメージを持つ方も多いですが、服装がだらしないと、他の色々な部分もだらしがない人なんだなというイメージを持たれてしまいます。

なので、アルバイト面接であってもリクルートスーツもしくはスーツに準じた服装で、どんな業種であっても普段着で面接をしないように心がけた方が良いと言えます。

正社員はスーツだったり制服がありますが、アルバイトは特に服装に指定が無いケースもあります。

募集要項で服装自由とかドレスコードは無いと書かれていても、面接という場ではスーツに近い服装で受けることをおススメします

襟付きのシャツで黒や紺などのスーツのパンツに近いチノパンだったらスーツを持っていない人やサイズアウトしてしまったからまたスーツを買い替えるの面倒だという場合でも採用されてからも仕事着としても活用できるので、アルバイトの面接の服装として活用出来ます。

アルバイトの面接だからTシャツにデニムとか普段着で面接に行ってしまうのは印象が良くないので、襟付きのシャツと黒や紺のチノパンは最低でも準備して、きちんとした格好で面接に行くのが良いです。

アルバイトの面接であっても、服装は見られます。

実際どんな人物であるかは面接だけでは正直全ては分かりません。

緊張していたり、実際に入社してこういう人なんだと分かることが多いため、面接で自分という人間を全て出すのは難しいです。

言葉づかい、立ち居振る舞いももちろん大切ですが、言葉づかいも良くて明るくて一緒に働いても安心出来る人という印象を持ってもらったとしても、服装がだらしなかったり、これから遊びに行くような服装だと「仕事と遊びの区別がつかない人なんだな」と思われてしまいます。

お店などスーツで働くような場所で無いからと言って面接時もカジュアルな格好で面接を受けるのはおススメしません。

面接は目上の方と初めて会う場です。

そういった場でTシャツにデニム、ノースリーブやフリルのついた服装、ダメージ加工が多い服装など自分が好きな格好で会うのはTPOをわきまえていないと判断される可能性が高いです。

よって、アルバイトの面接だからと言って普段着や勝負服だからと言って自分の気に入った服装で挑むのは「だらしがない印象」を持たれてしまったり、面接の場にはふさわしくない服装と言うことで「空気が読めない印象」を与えてしまうこともあるので、例え服装が自由という会社で面接を受ける時も襟付きのシャツにチノパンといったきちんと感が出る格好で面接に挑むことをおススメします。

タグ: