バイト面接のアドバイス アルバイト面接 アルバイト面接官は、面接者のどんな所を見ているのか?

アルバイト面接官は、面接者のどんな所を見ているのか?

アルバイトの面接を控えた皆さんが、いちばん気になる事はなんでしょう?
それはおそらく「面接官は何を見ているのか?」だと思います。

私は人材派遣会社に勤めていた時に、アルバイトさんの面接受付する仕事をしていた事があります。

そして、担当面接官が急用などの時は面接もさせていただきました。

毎日何人もの応募者を見てきた経験から感じた事をお伝えします。

応募の連絡時から面接は始まっている?

バイト面接
これは、会社によって違うと思います。
電話を受けるのは、担当者ではない場合も多いです。
そして、電話を受けた時の印象をチェックして伝えている会社はそれほど多くはないのでは?と思います。
とはいえ、最低限のマナーができていないのは論外なのでしっかりと。
そして、あまりにも丁寧すぎるのも…受けるほうとしては時間がかかって大変です。
まず最初に、アルバイト募集の応募です。ということを伝えて下さいね。

服装や持ち物で気をつけることは?

まず、服装ですが。
アルバイトの職種によりますが、基本は清潔感があってきちんとした服装を心掛けていれば大丈夫だと思います。
だらしない雰囲気ではなければ、普段のかっこうでも大丈夫です。
初対面の大人の人に仕事として会うわけですから、きちんとした雰囲気に見られるような服を選びましょう。
でも実は、服装は余程目を見張るようなものでなければ、実はそれほど重要視はしないです。
それよりも、あらかじめ伝えておいた必要な物を忘れる方が多いです。
写真付き履歴書、筆記用具、身分証明書など。
特に写真は、忘れる方多すぎて驚きます。
原典対象になるかどうかは、わかりませんが確実に印象は悪くなりますので、注意しましょう。

面接時の注意

面接は、あまりかしこまらずともリラックスして望んでいただいたほうがいいと思います。
とはいえ、「です。ます。」口調で、はきはきと受け答えしてください。
訪ねられたことにはきちんと、簡潔に答える。
とくに、週にどれくらい働けるか?期間はどれくらいか?働ける時間は?などシフトに関することはしっかりと伝えてください。
疑問があったら、しっかり訪ねるようにしましょう。
アルバイトの場合は、募集するほうと応募するほうの勤務曜日や時間が合う事が第一条件なので、そこがをクリアできる事がいちばん重要です。
募集する方はなにより、ちゃんと勤務してくれる人を望んでいます。
それ以外は、最初と最後の挨拶。
それに、笑顔とはきはきした受け答えさえできれば大丈夫だと思います。

まとめ

数分の面接で人の本質がわかるのかどうか?
実は全然わかりません。
わからないからこそ、直感や印象で決めるしかないのです。
でも、応募者さんの熱意は絶対に伝わります
結局は、自分らしさを見ていただいたほうがいいのかもしれませんね。