バイト面接のアドバイス アルバイト面接 未経験でも大丈夫!アルバイト面接の心得!

未経験でも大丈夫!アルバイト面接の心得!

これから始めようと思っているアルバイト…応募の次は面接ですよね。

面接では誰でも緊張します。

何日も前から何を言ったらいいのか…悩みますよね。

私が今までアルバイトの面接で体験した事、少しでも役にたてればと思います。

バイト面接

まず身だしなみです。

どこの企業でもやはり最初は身だしなみを見られます。

女性の方ならメイク、ピアス、染髪等、男性の方なら髭や染髪。

誰もがオシャレをしたいと思うと思いますが、まずそこは我慢しましょう。

面接では企業にもよりますが、15分~30分形式が多いです。

そこで採用か不採用を判断するのはなかなか難しいです。

そこで、1つの判断されるのが身だしなみです。

採用されれば企業側から、染髪は派手目ではなかったら大丈夫など言ってくださる企業もあります。

最初の面談ではナチュラルメイク、女性だと髪の毛が長い場合1つにくくるなど好印象を与えましょう。

 

次は履歴書の応募動機、何日入れるかが重要です。

やはり接客業の場合は、土日祝、ゴールデンウィークなど世間一般の休みの日に入れる方が有利になってきます。

フルタイムではなくても少しの時間でも入れる方を採用するケースが多いです。

全て入れなくても最低限、月に2.3回は土日祝入れます!と書いた方が有利かと思います。

なるべくなら時間帯も縛らない方がいいですが、主婦の方なら朝から勤務、4時間~5時間勤務が希望の方が多いので、少し時間帯をずらしたりすると採用されるケースが多いです。

学生の方やWワークの方なら夕方勤務の応募が多いので、応募動機を重視すると比較的に採用されます。

 

なぜそこで働きたいと思ったのか、もし採用が決まり働くにあたって何を大切にしたいか、そこを重点的におくと企業からも好印象です。

仕事内容は、資格がなくても働けるところは積み重ねで覚えられます。

最初は覚えることが多いですが、みなさん最初は同じスタートです

ですが、言葉遣いや笑顔、挨拶など、企業側はそこを重点的におくケースが多いです。

 

もし、面接の際に頭が真っ白になって上手く喋れなくても、まずは笑顔です。

暗い顔をして下を向いてるのではなく、笑顔で対応すれば大丈夫です。

私も絶対受からないだろうなと思っていたアルバイトの面接で、なかなかうまく喋れなかった時も、面接が終わるまで笑顔で乗り越えました。

面接が終わった後に、うまく喋れなかった、緊張してカタコトになってしまったし絶対採用されないだろうなと思っていた企業から採用の電話がありました。

 

なぜ採用されたか疑問に思い、後から聞いてみると、あなたの笑顔がよかった!応募者は多かったけど、挨拶もしっかりできていて採用しようと思ったと言ってくださった事を今でも覚えています。

面接では人対人なので、まずはあなたの最大限の笑顔とそこの企業で働きたい!と思う気持ちをアピールして下さい。

後は身だしなみを気をつければ大丈夫です!